千葉市,マンション,売却

千葉市の中古マンションを売却して新築の住宅を購入した経験の情報です。これからマンションを売却したい人は必見。子供が増えたりと、家族が大所帯になった場合に起こる住みかえの問題について書いています。

千葉の中古マンション売却からの新築住宅購入までにどのくらいの期間を考えるべきか?

千葉の中古マンション売却に限った話ではないですが、プランニングが非常に重要になります。中古マンションの売却は、物件にもよりますが、半年くらいかかることを想定しておかねばなりません。人によっては1年以上かかってしまうこともあるので、すぐに売れると思っている人は注意が必要です。

もっとも、相場より安い値段での価格にすれば、マンション売却はスムーズにいくことが多いです。その代わり損してしまいますが……。

特に、新築の住宅への住みかえという条件ですと、期間への考えがかなり大事になってきます。建売でなく、新築で建てる場合などですと、工事の期間なども関係してくるのです。中古マンションが売れないがために、ずるずると建てる時期がずれ込んでしまうこともありえます。基本的には契約が決まってから新しい住宅については考えるといいでしょう。

売らないといけないのに、査定もせずにまごまごしているのは間違い


しかし、査定をどこにしてもらうか、悩んでしまう人も多いと思います。

ただ、このマゴマゴ時間がNGなのです。中古マンションを高く売れる不動産会社は、自分で実際に担当者と話してみて良さそうな会社を選ぶしかないのです。

マゴマゴしている期間=マンション売却の価値減少

という風に考えてみるのがいいでしょう。

おそらく、よっぽど不動産事情に詳しい人でない限りは、自力で見つけ出すのは無理です。
査定については、インターネットから申し込めるマンションの査定サイトなどを利用するのがいいでしょう。

ここから依頼することで、複数の不動産会社から査定価格を教えてもらえます。
その中から、一番やる気を持って売却活動を取り組んでくれそうな不動産会社を選ぶのがオススメですよ。

インターネットから査定を依頼したからといって、マンションを売ることが確定するわけではありません。そして、お金がかかるわけではありません。費用の発生は売却という長い過程の最後のほうですので安心してください。

自分のマンションの価格が今どのくらいなのかな?という情報だけ知りたい人には机上査定。

実際にもう売らないといけない!という人は、訪問査定を受けるのがいいでしょう。

査定をしてからが長い!売却活動契約に売り主との交渉まで

売却にあたってはマンションの査定をしてからが、非常に長いのです。

まずは、どの不動産会社に売却をお願いするかという点を決めないといけませんし、売却活動をしてもらう期間もあります。その中で、実際に自分のマンションに興味を持った買主が訪れるわけですが、この買主が気にいってくれないといけません。

自分のマンションを見に来る内覧にも対応しないといけませんし、価格交渉も当然あります。ここの折り合いがつけば売却への第一歩が踏み出せるのですが、今度は買主側のローンがちゃんと通るのか?という問題もあります。

そして、売却契約をし、引き渡し時期についても決めねばなりません。

このように、査定からのステップが非常に多いので、査定段階で躓いていてはどんどん売る時期が後ろ倒しになってしまうという結果になりがちなのです

千葉のマンション査定・売却について

メニュー

Copyright(C) 2012 千葉市の中古マンション売却からの新築住宅購入 All Rights Reserved.